第2神明大久保ICから車で5分。農薬や化学肥料を使わなくなって40年。体にも地球にもやさしい農業をしたい!くすのき農園のご紹介です。

くすのき農園 本部

TEL
078-967-1363
FAX
078-967-3551
所在地
兵庫県神戸市西区
岩岡町西脇
909番地の2(地図)
RSS

書道合宿二日目







いよいよ
書道合宿も終盤戦に…

みんな
きのうの復習を兼ねて
作品作りに頑張っています。

朝は、
いちじくを採りながら、
散歩をし、
それから
ぐるぐる選手権❗
太筆で、
半紙に細く円を書いていき
何周回れるか…? 

そして
夏休みの宿題なども
精一杯やり尽くしました。

ひとり半紙にすれば300枚を越えるほどの練習量
450ミリリットルの墨液
3本を使いきりました。

やれば出来る…
2017-08-13 18:00:02

書道合宿一日目







午後2時からスタートした
第3回目の書道合宿

スタートから三時間
ひたすら
横画から始まってしんにょうまで、5人の頑張りは素晴らしく
少ない人で79枚
多い人で120枚を
半紙に真剣に積み上げました。

バーベキューでお腹いっぱいなり、花火で盛り上がっています。

夕陽が沈むのを見て…
星を見上げて…
きれいやなって…

素直な彼らに
わたしたちも感動です。

さぁ、これから
昼間の基礎を覚えてるかを
テストして、
出来た人から
シャワータイム

あとは
寝るだけなんやけどなぁ…
2017-08-12 19:56:01



早朝⁉6時前
もう、蝉は30分以上前から鳴き始め
暑さをさらに感じさせてる。

ここのところ
この時間からの農作業が
灼熱の日本の夏を避けることが
体にも心にも
やさしい暮らしへ導いてくれている。

2日に一度くらいの夕立のような雨が
雑草を抜きやすくしてくれて
少しずつ、
くすのきのフルーツガーデンを
すっきりと……

もう、
こんな暑さのなかで
やってられるか……
2017-08-05 14:56:02

田んぼの草引き










午前2時間、午後2時間
それでもまだ終わらない……

曇り空だと言うのに
泥水のかかったふくらはぎは
やはり、日焼けで赤くなっている。

あす、
残りの草引き

でも、このくらいだから可能な作業
昔は、田んぼの中を『ころばし』と呼ばれた手押し式の農具で、歩きまわっていた。
わたしも、何度か手伝ったことを思い出す。

からだが……筋肉痛⁉

農薬を使わない農園ライフは
雑草に始まり、雑草に終わる……

2017-07-10 23:38:03

草刈 5回目の開始…



毎年
くすのき農園周辺のあぜや花壇
その管理を約10回…

夏を迎える今がそのピーク…
汗びっしょりになりながら
草を刈るのも大切な仕事

朝6時半
きょうは、センターガーデンの西の
夕焼けガーデンを草引き

高い草なら1メートル
ひたすら
雑草を引き続けます。

雨が続けば
ほんの一週間で
元の長さに戻ってしまう草丈

それでも
草を刈るのです。

何事も無駄はない…

何を私たちに言おうとしているのか…
出来るだけ
快い空間になれるよう…

今年も
あと5回…
草刈をすることになります。   

2017-06-27 22:51:01

1 2 3 4 5 6 7 次へ
→くすのき農園のFacebookはこちら