第2神明大久保ICから車で5分。農薬や化学肥料を使わなくなって40年。体にも地球にもやさしい農業をしたい!くすのき農園のご紹介です。

くすのき農園 本部

TEL
078-967-1363
FAX
078-967-3551
所在地
兵庫県神戸市西区
岩岡町西脇
909番地の2(地図)
くすのき農園の特徴

■できる限り農薬や化学肥料は使いません

くすのき農園では、残菜や雑草から堆肥を作り、畑に戻して肥料にします。無農薬栽培には、柔らかな土作りは欠かせません。
栗東競馬場等の名馬の糞から作られた『くすのきスペシャル馬糞堆肥』を、年間わずかな使用料金でご利用いただけます。
無農薬栽培

■自然のものを利用

竹や木の支柱・・・麻ひもなど、自然へ還っていく素材にこだわってメンバーの皆様と環境問題に取り組んでいます。
一人ひとりが、自分でも続けられることから始めていこう・・・昨今の異常気象も、農作業の中で実感していますから・・・。
支柱

■食養生としての野菜への取り組み

医食同源や身土不二・・・世界各地から、季節に関係なく食べ物が集まる時代です。
だからこそ、旬の時期に身体にいいものを食べることが大切だと考えます。
自分が育てた野菜を、出来るだけ素材のうまみを活かしながら、身体にも心にもおいしく頂けることを共に学んでいきたいと思っています。
食養生

■フルーツガーデン

2010年岩岡ガーデンメイン駐車場の南に、約60本の果樹をメンバー様と共に植えました。そのままいただく果物だからこそ、農薬は使いたくはありません。いちじくだけでも、一般では売られていない種類も含め8種類、完熟で収穫するから、おいしさも栄養も格別です。
ビオトープやお花のスペース、毎年4月には、くすのきガーデンコンサートのメイン会場となります。
フルーツガーデン

■兵庫県子ども環境フォーラム食育体験農場

2013年度よりノースの一部で、食育体験農園として親子でお野菜やお米を育てています。六月に植えた早苗が、やがて頭を垂れる10月には稲刈りです。
年末にはお餅つきとなり、その稲わらは新年の玄関で神様をお迎えするしめ飾りになります。
食文化や自然の大切さなどを親子様といっしょに学びたいと思っています。
兵庫県子ども環境フォーラム食育体験農場